2008年01月08日

junkoの心にも氷点たくさんあります。

DSCF5792.JPG
(撮影:mikioちゃん)

『氷点』上・下(角川文庫)を読み終えました。二度目です。mikioちゃんからのクリスマスプレゼントだったの。

 「私の心は凍えてしまいました。陽子の氷点は、「お前は罪人の子だ」というところにあったのです。私はもう、人の前に顔を上げることができません。どんな小さな子供の前にも。この罪ある自分であるという事実に耐えて生きて行く時にこそ、ほんとうの行き方がわかるのだという気も致します。
 私には、それができませんでした。残念に思いますけれども、私はもう生きる力がなくなりました。凍えてしまったのです。(下巻、p.343)」

ここで号泣したんだったわ、前回。あまりに陽子になっちゃって。でも、今回はもうちょっと客観的に読めた気がする。昔のドラマが見てみたいな〜。

人間って原罪背負ってるのかしら?んなわけないだろ。
 





posted by junko at 17:48| 福岡 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけまして・・・遅っ。
いい本を読んでいらっしゃる。
実はおれもこの本何度も読んでる。
これ何度かドラマ化されてるらしいけど、
どれがどれだか解んなくなっちゃって・・・。
Posted by しのいち at 2008年01月09日 00:42
ありゃー読みだしたらねられんもんね…なりきり陽子おつかれ!!!わたくしは、北原くんになりきればよかと?氷点ごっこ楽しみね。
Posted by mikio at 2008年01月09日 00:57
>しのいちさん、
来月は予定空けておいてくださいね!飲みましょうね!

ドラマはわたし一度も見たことないんですよ。朝日系のキャストが創価学会ばっかりで固められててむかついて。

>mikioちゃん、
どうも!ええ、北原くんね!あたいは夏枝やけん!
Posted by junko at 2008年01月09日 01:09
ジェットストリィ〜〜ムッ・・・って感じですな♪
えぇ、ジョー・タツヤです。
Posted by Taka-1 at 2008年01月31日 10:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。