2007年04月07日

産みました

おじゃ

 打ちひしがれた気持ちで地下鉄に乗り込む。もはや酒にも食事にも、友情にも愛にも喜びを見いだせない。電車は駅に着いた。エレベーターの前で考える。このエレベーターに乗って、地上の世界に戻る価値はあるのだろうか―。
(山村修、『<狐>が選んだ入門書』)

まだまだ失意のどん底ですが、この世に未練たらたら31歳、junkoです。うふ。あせあせ(飛び散る汗)

今日は図書館バイトの日。お弁当作りのため起きる時間を6時にセット。昨晩の就寝時間は1時近くだったから、起きれるかどうか疑問だったけど、パッチリ目が覚めちゃった。バイト時間中は居眠りを禁止されているだけで、おとなしくカウンターに座っていればお金がもらえるこの世一楽なバイト。わたしは全部の週刊誌に目を通し、ネットをくまなくチェックするのが日課。さっき最新号AERAの中に、この散文詩を発見、記事をアップすることにした。

友情には疲れてないけど、他はあたっているな〜と思って、ヒットしちゃったのですよ。あはは。

何とか修復できないかなと思って今週一週間思いっきり引きずっていたけど、木曜日もう決定的に乖離するしかないってわかって、昨日までお酒飲んだけど、それももう疲れたし、自暴自棄にならずに自分を大切にしたいなって思ったわけ。

こんないい女なかなかいないと思うよ…。自分で言ってれば世話ないのか…。こういうところが鼻につくのか…。でも、自分で自分を肯定しないと生きていけないわけで…。そう思う努力をしているんです。

さてこんな感じ。
北の旅人さん、一週間弱でブログアップしましたが、戻ってくるの早すぎるなんてコメントしないでくださいね。この間何気にへこみましたから。ふらふら


posted by junko at 10:48| 福岡 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。